教えるという事に対して感じること。

後輩が増えるにつれ、

 教育するという立場が色濃くなってきます。

 教える内容も、

 より濃く深くなる訳です。

 始めはただ単純に難しいと思っていました。

 教えるには、その事に対して理解を深め、

 理解した上で、その相手に合った伝え方を選ぶ。


 私は、もともと器用な方で、 

 教えて貰った事は感覚で理解して、

 なんとなく出来てしまうタイプでした。


 私と違う理論タイプには、感覚で捉えていた私の言葉では足らず、

 なかなか理解してもらえない。

 また、もともと不器用なタイプには、逆に出来ない理由を理解してあげる事が出来ず、

 やはり理解してもらえない。


 これを克服するには、 

 感覚を言葉にする必要がありました。

 なんとなく出来てしまっている技術を細分化して、

 細かく順序立てる必要がありました。


 ただ技術を見せて、

「こーゆう感じ。」ではなくて、

 言葉にする事。

 感覚人間には難しいのです。

 知恵熱出そうです。

 でも必要なんです。


 そこでふと、思うのは、

 自分、成長しちゃってんじゃね? 

 って事です。

 そうなるともはや、

 感じる事はただ一つ。


 感謝。


 これに尽きます。




 ⬇️今、教えさせて貰っている大石君。

 彼は、

感覚+独自理論タイプです。

 大体は感覚で掴めるのですが、
それを彼独特の言葉に置き換えて覚えます。

 彼がいつか誰かを教える時に、一般的な美容用語に直すの大変でしょうね。。

 いや、彼ならそのまま教えるかもしれません(笑)



 何はともあれ、彼にも感謝ですね。

takae miyauchi.Canopus

Canopus青葉台店の宮内のブログです。 美容のこと、仕事への想い、日々の暮らしや美味しいもの、楽しいこと、美しいものについて書いていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000