遅めの夏休みを頂きました②

おはようございます🌞

カノープス宮内です。

スペイン旅行の続きです。

朝からまさかの土砂降りだった日、
必死で傘を買い、
雨を想定していなかった足元をビッシャビシャにしながら、

セビーリャから電車で1時間のヘレスという街へ。

フラメンコ発祥の地であり、シェリーの街でもあります。

シェリー。

スペイン好きなので、何度か飲んだ事がありましたが、
イマイチなんだかわかっていなかったお酒です。

という事で、
工場見学へ行こう!と。

シェリー工場は、ヘレスでは「ボデガ」というらしいです。

「ボデガ」と調べると、
“ワインの醸造・熟成を行う建物もしくは、
ワインを製造している企業を指す。”

とあります。

???

ますます
シェリーってなんなの?
ワインなの?

ってなりますね。

では、行ってみましょう!

メジャーブランドの、
TIO PEPE(ティオペペ)が作られている、
González Byass(ゴンサレス・ビアス)へ。

ツアーの説明は、
イングリッシュorスパニッシュ。
残念ながら、ジャパニーズはありません。
ここは、義務教育で6年も勉強したイングリッシュを選んでいざ出発!


真っ赤な傘、
真っ赤なワンピースを着ためっちゃスペイン感溢れるマダムが、
今回のガイドさんです。
(ワンピースはマダムの趣味という訳ではなく、ガイドの制服のようです。)

おそらくスペイン人のマダムの英語は、
とてもゆっくりとわかりやすく話してくれていたと思います。

沢山積まれた樽の間を歩きながら、
様々なエピソードを話してくれて、

面白かったのは、
甘口シェリーが大好きなネズミに樽をかじられないようにと用意された、
ネズミ🐀専用のシェリーがとても可愛くて。

シェリーが注がれたグラスに、
小さな小さな梯子が掛けてあるんです!

殺鼠剤じゃないんだ。。

なんて優しさ。
なんてユーモア。

途中、ガイドさんが、
「どこから来たの?」聞いてくれたので、
「日本から来ました」と言ったら、
(実際は、夫が「フロム トキオ!」と叫んだのですが、)
「こっちへ来て!」
と言われ、ついて行くと、

そこには、皇太子さまの樽が。
日本人が来たら、必ず見せてくれるそう。

他にも沢山の著名人の名が刻まれた樽がありました。
スティーブン・スピルバーグ、
アイルトン・セナ
などなど。

樽に詰められたお酒は、
その人のためだけに出荷されるんでしょうか??

そんなこんなで、楽しかったツアーの最後には、
シェリー2種飲み比べを。
1番ドライなフィノと、
甘口のオロロソを飲みました。

食前酒として良く飲まれるフィノ。
スペインでの消費量は、これが1番多いそう。
暑い夏にはキリッと冷やしたフィノが美味しいのでしょう。

飲んだ印象は、
やはり白ワインに近いです。
白ワインぽさを残しながらも、
樽の香りがします。

比較的アルコール度数が低く、サラッとしていて、
飲み過ぎてしまう。。

オロロソは、フィノに比べてアルコール度数が高く甘いので、食後に適しているそう。

色もブランデーのように濃く、
少しトロミがあって、
舌触りも滑らかで芳醇な香りです。

甘いので、グビグビと飲めるものではないですが、
甘いからといって油断していると、
コロッとやられます。

酔い過ぎないようにと、
タパスもセットにしたのですが、
見た感じそんな期待はしていなかったけれど、

じゃがいものマリネがウマー!
でした。

と、とても楽しかった工場見学。
ガイドのマダムもとても明るく楽しい方で、
本当に素晴らしかった!
シェリーも美味しかったし、
お土産ショップも楽しかった!


で、も、ね。。

ガイドさんの説明の8割は、
理解不能でした。。
無念。
いや、雰囲気では分かりますよ?
でも、雰囲気でしかない。
所々聞き取れた単語と場所と空気から、
「たぶん、こんな感じ。」
な、理解度。。

6年間も教えてもらった英語は何処へ?

はぁ。

なので結局、

シェリーの詳しい事は、
帰って来てからググりました笑

なので、シェリーについて詳しく知りたくなった方は、
私と同じように、

「シェリーとは」

で検索!!



工場見学の後は、

ヘレスの街をぶらぶらと。
シェリーの街なので、

バルではシェリーが良く飲まれます。

渋〜いおじさま方がカウンターで、
シェリーだけを飲んでいるのは、
とても格好良いです。

とりあえず、2軒ハシゴしました。


結果はおわかりでしょう。

飲み比べからの、
バルのハシゴ。

雨上がりの真っ青な空の下。

広場のベンチで動けなくなった私達。

チェイサー。

大事。

回復した後は、

トイレ探しに奔走する私達。


あぁ、旅行って楽しいね。



次回は、
コルドバ、マドリード編を
お送りします。

(いつまで続くの?って言わないで。。)










takae miyauchi.Canopus

Canopus青葉台店の宮内のブログです。 美容のこと、仕事への想い、日々の暮らしや美味しいもの、楽しいこと、美しいものについて書いていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000