ポルトガルのトイレ事情。

おはようございます🌞

カノープス宮内です。

旅行記を書いたは書いたのですが、

ポルトガルの情報少なくない?

と、自ら思っていました。

殆ど、旦那の事を面白おかしく書いただけじゃん。と。

そこで、

これだけは言っておきたい、

ポルトガルのトイレ事情を書こうと思います。

トイレ、重要ですよね?

私はお酒を飲むと近くなる方なので、

トイレはとても重要。

ましてや

トイレ大国日本🇯🇵で育ったのですから、

トイレには厳しいのが日本人ってもんです。


さてポルトガルのトイレ事情。

ここ数年行っているスペインとの比較になりますが、

スペインでは、南に行く程、

トイレは荒れ模様でした。

有料のトイレはもちろんキレイですが、

アンダルシア辺りまで南下すると、

何故か便座が上がっている事が多く、

男女兼用なのか?

と思ったり、

もちろんペーパーを流せないトイレも多く、

そもそもペーパーがない事はザラでした。

上がりっぱなしの便座も、

降ろすために触れるのもちょっと。。

という状態で、

便器自体も、ちょっと。。

というのが多かった印象です。

便座の上がりっぱなしの謎は、

現地の方々の多くが便座に直接座らず、

空気椅子 状態でするのだと。。。

その為、逆に便座が邪魔らしく、

上げっぱなしになっていると。

なるほどと思って、

もちろん触れるのもちょっと。。

な、便座に座れないので、

空気椅子チャレンジを何度かしましたが、

結構辛かったです。。

(もうそれなら和式の方がいい。)

もちろん、

ホテル内のトイレなどはとても衛生的ですが、

外ではそういう所も多々あるのです。

そんなスペインでの経験を踏まえ、

流せるポケットティッシュとウェットティッシュを大量に持って行った
今回のポルトガル旅行。
(スペインで旅行中にポケットティッシュを切らしてしまい、現地で買い足したポケットティッシュは、日本でいう所のペーパーナプキンぐらいの硬さで、香料強め。
しかも12個くらい入った大量パッケージしか売ってませんでした。)

まぁ、どんなトイレであろうと、

とりあえずペーパーがあればなんとかなると思って。

そしていざポルトガルへ。

これは嬉しい誤算と言いますか、

少なくとも私が使用したトイレで、
(ホテルやレストラン以外にも、公衆トイレや駅のトイレなど。)
ペーパーがなかったトイレはありませんでした!

ペーパーを流せない所は何か所かありましたが、

清掃が行き届いているのか、

スペインで見た様な、

ゴミ箱に使用済みのペーパーが山の様に積み重なっている様な事はなかったです。

便座も便器も、

大体キレイ!

素晴らしい!!

ちなみに、これはどこかで入ったトイレの写真ですが、

ペーパーがあり過ぎて面白かったので、

撮らずにはいられませんでした。
(全部、中途半端🤣)

そんなこんなで、

大量に持って行ったポケットティッシュは、

大量に余るという大誤算。

でもこれは本当に嬉しい誤算でしたね。

なので
これからポルトガルへ旅行する方、

安心してください。

ちゃんと安らげるトイレあります。


(でもホント、
日本のトイレってよく出来てますよね。)


















takae miyauchi.Canopus

Canopus青葉台店の宮内のブログです。 美容のこと、仕事への想い、日々の暮らしや美味しいもの、楽しいこと、美しいものについて書いていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000